cancel
Showing results for 
Show  only  | Search instead for 
Did you mean: 

ビデオ ブログ - ZCU106 ボードに UHD-SDI TX サブシステムを含む TX のみのデザインをインプリメント

kshimizu
Xilinx Employee
Xilinx Employee
5 0 441

このブログは、英語版のVideo Blog - Implementing the UHD-SDI TX subsystem in a TX only design on a ZCU106 boardを翻訳したものです。

 

UHD-SDI サブシステム RX/TX IP コアには、現時点で数個のサンプル デザインがありますが、すべてパススルー デザインです。これらのデザインの詳細は、『SMPTE UHD-SDI Transceiver Subsystem LogiCORE IP 製品ガイド』 (PG289: 英語版日本語版) および『SMPTE UHD-SDI Receiver Subsystem 製品ガイド』 (PG290) を参照してください。

このブログでは、ZCU106 開発ボードをターゲットとする TX のみのデザインを作成して実行する方法を説明します。

 

samk_0-1604615662095.png

 

注記: このデザインは現状のまま提供されるもので、動作は保証されません。手順を説明する目的で、通常のリリース/テストフロー外で構築されています。

このデザインは、SR ポータルではサポートされません。このデザインで問題が発生した場合は、ザイリンクス ビデオ フォーラム ボードをご活用ください。

 

このデザインは、Vivado 2019.2 ツールセットを使用して、SDI TX システムを ZCU106 Rev 1.0 ボード上でビルドおよび実行する方法を示します。

このデザインは、製品ガイドでリリースされたパススルー デザインをベースに、TX のみ用の変更を加えて作成されています。UHD-SDI TX サブシステムと UHD-SDI GT を TX のみのモードでインプリメントする手順を示すことを目的としています。

次のものが含まれています。

  • リセット機能
  • IP コアを制御する Zynq サブシステム インスタンシエーション
  • ステータスを監視する GPIO (元のパススルー デザインからのもの)
  • ビデオ データを生成する TPG
  • TPG を 8 BPC から 10 BPC に変換するサブセット コンバーター
  • FIFO (元のパススルー デザインからのもの)
  • UHD-SDI TX サブシステム
  • UHD-SDI GT

Onmitek4K Ultra を使用して機能がテストされています。

 

2020-11-24 15_37_55-xcoapps63_6 (xcoapps63_6 (samk)) - VNC Viewer.png

 

提供されているスクリプトを使用したビットストリームの作成

1. コマンド ラインまたは Vivado ターミナルで、ディレクトリから Tcl スクリプトを実行します。

Vivado -source v_smpte_uhdsdi_rx_ss_0_ex.tcl

2. スクリプトが完了したら、Vivado を起動してビットストリームを生成します。
    これは、スクリプト モードで実行するか、Vivado GUI を開いて合成、インプリメンテーション、ビットストリーム生成フローで実行します。 

3. ビットストリームを生成したら、XSA ファイルをエクスポートします。

 

 

XSA からの ELF ファイルの作成

1. Vitis GUI を開きます。

2. 新規プラットフォームを作成し、Vivado プロジェクトからエクスポートした XSA を指定します。
samk_0-1604615769518.png

 

samk_1-1604615769527.png

3. ビルド ツールを使用して BSP をビルドします。

samk_2-1604615769534.png

 

4. BSP をビルドしたら、[Drivers] セクションの [Import Examples] リンクをクリックします。

samk_3-1604615769536.png

 

5. xsdi_example をインポートします。

samk_4-1604615769538.png

 

6. /src にあるxsdb_* ファイルを /SW にあるファイルに置き換えます。
    これらのファイルは、TX のみのハードウェア デザイン用に変更されています。

7. ビルドしてテストします。次の図に、UART コンソールを示します。
    注記: ビルドおよびテストの詳細は、『SMPTE UHD-SDI Transceiver Subsystem LogiCORE IP 製品ガイド』 (PG289: 英語版日本語版) および『SMPTE UHD-SDI Receiver Subsystem 製品ガイド』 (PG290) を参照してください。

samk_5-1604615769541.png

 

 

  • [Kudos] ボタン  をクリックして Kudos (拍手) しましょう。kudos.JPG
  • [Share] ボタン をクリックして、ソーシャル メディアで共有してください。share.JPG

     

  • このトピックにコメントしたり、新しいトピックをフォーラムで作成し質問してください。